愛犬の命をつなぐハートガードプラスは実は簡単に購入可能?その購入方法をご紹介!

フィラリア予防について解説する医者

犬を飼うにあたって忘れてはいけないのが「フィラリア予防」です。

フィラリアは寄生虫の一種であり、蚊を介して犬や猫の体内に侵入します。放置しているとそのまま体内で成長していき、いずれは肺動脈や心臓に棲み着きます。これが原因で血行不良が生じ、血尿や食欲不振、腹水といった症状を引き起こすおそれがあります。

また、治療が遅れたことで、フィラリアによって犬や猫が命を落とすケースもあるようです。このようなフィラリアを原因とする症状を俗に「フィラリア症」といい、特に犬が発症しやすいことで知られています。

犬種やサイズは関係なく、一見するとたくましそうに見える大型犬であっても、フィラリア症によって深刻な症状を引き起こしたり命を落としたりする危険はあります

そんな悲しい事態を防ぐため、早めにフィラリアの予防をすることをおすすめします。ここでは、大型犬にも投与できるフィラリア予防薬「ハートガードプラス」、そしてその購入方法についてご紹介しています。

愛犬をフィラリアから守るために、ぜひ参考にしてみてください。

ハートガードプラスの基本情報について

ハートガードプラス大型犬用

ハートガードプラスは、アメリカで開発されたフィラリア予防薬です。現在は100ヶ国以上で販売されており、数あるフィラリア予防薬の中でもトップクラスのシェア率を誇る人気商品として知られています。

ただ、日本国内ではあまりこの名前を聞いたことがないのではないでしょうか。これは「日本で販売されていない」というわけではありません。

実は多くの動物病院で処方されるカルドメックこそが、ハートガードプラスなのです。「ハートガードプラス」は海外において使われている商品名であり、国内では「カルドメック」という名前で販売されています。

含まれている有効成分やフィラリア予防における有効性などは、まったく同じ。特に何度かカルドメックを処方してもらっている方にとっては、おなじみのフィラリア予防薬といえます。

①有効成分イベルメクチンがフィラリアに効く

イベルメクチンがフィラリアに効くことを説明する医者

カルドメックを愛犬に投与したことがある方ならご存知かと思いますが、ハートガードプラスにはイベルメクチンという成分が含まれています。主にこの成分が、フィラリア予防に効果を発揮します。

イベルメクチンはフィラリアの卵や幼虫の成長を阻害する成分です。この働きにより、万が一愛犬の体内にフィラリアが侵入したとしても、成長できないまま死滅していきます

フィラリア症において注意すべきは成虫なので、卵や幼虫の段階で駆除することができれば、深刻な症状が現れることもありません。ただし、成虫に対しては有効性が認められていないことを知っておきましょう。

すでにフィラリアが成虫になっている場合は治療・予防することができません。逆に、強い過敏反応が現れることでアレルギー症状を引き起こす危険があります。

検査しようとしている医者

このことから、初回投与時は動物病院で検査してもらい、フィラリアが感染していないことを確認したうえでフィラリア予防薬を投与。そして翌月以降からはハートガードプラスを投与する……というのがベストな流れといえます。

また、コリー犬種はイベルメクチンに対して過敏反応が現れやすいことがわかっています。場合によっては投与が禁止されることもあるので、コリー犬種を飼っている方はまず獣医師に相談するようにしてください。

②消化管内線虫への殺虫作用

症状に驚いている医者

犬の体内に棲み着く寄生虫は、何もフィラリアだけではありません。鉤虫や回虫、鞭虫などの消化管内寄生虫が寄生することも考えられます。

これらの寄生虫が棲み着いたまま放置していると、徐々に犬の体内環境が悪化し、下痢や消化不良といった症状を引き起こすリスクが高まります。

また、フィラリアと違って人体に寄生して悪影響を及ぼす危険もあります。このような消化管内線虫による被害を防ぐためには、定期的な検診と治療薬の投与が必要不可欠。

専用の治療薬が多く販売されていますが、ハートガードプラスでも治療することができます。ハートガードプラスには「パモ酸ピランテル」という成分が含まれており、これが消化管内線虫に強い殺虫作用を示します。

ようするにハートガードプラスは愛犬の体内環境を整えつつ、同時にフィラリア予防もできるのです。

③用法用量と副作用について

用法用量と副作用について説明する医者

ハートガードプラスは要指示医薬品(獣医師による適切な指示を仰いだうえで、注意して扱う必要がある医薬品)です。

フィラリアの予防や消化管内線虫の駆除に優れた効果を発揮する一方、投与による副作用が現れることがあります。主な症状は下痢や嘔吐ですが、ごくまれに運動失調や歩行異常、痙攣といった重篤な副作用が現れるリスクがあることも確認されています。

このような副作用が現れるリスクを少しでも減らすために、必ず用法用量を守って正しく投与しましょう。

具体的には、蚊が発生する1ヶ月前(5月頃)から蚊が発生しなくなった1ヶ月後(11月頃)の間、毎月1回1錠を経口投与します。とはいえ、蚊の発生時期は地域差があります。不安な方、より確実に愛犬をフィラリアから守りたい方は、1年を通して毎月投与するといいでしょう。

④大型犬には「大型犬用」を

ハートガードプラス各種

私たち人間が医薬品を使用するとき、年齢や体重によって用法用量が異なることがあります。たとえば、大人なら1回3錠を服用するが、子どもの場合は1回1錠を服用する、といった具合です。

これは体格差によって有効成分の効き目が増減するためです。仮に体の発育が未熟な子どもが、大人と同じように医薬品を使用すると、有効成分が強く作用しすぎて身体に悪影響を及ぼすリスクが高まります。

ペットにおいても同様に、小型犬や中型犬、大型犬それぞれの用法用量は異なります。

ハートガードプラスの場合は「小型犬用」「中型犬用」「大型犬用」の3種類が販売されているので、愛犬のサイズに合ったものを投与してあげましょう

ただし、これらは犬の体重によって分類されています。

誰がどう見ても大型犬だとわかる場合は迷わず大型犬用を投与してもいいかもしれませんが、見方によっては中型犬とも思えるような場合、まず体重をきちんと量ってあげましょう

そのうえで大型犬用もしくは中型犬用、適した商品を投与してください。

ハートガードプラスを購入する

ハートガードプラスに関する口コミ・評判

錠剤を飲むのを嫌がっていた愛犬ですが、ハートガードプラスにしてからはまったく抵抗せず素直に口にしてくれています。今のところは副作用が出ることもなく、重宝しています。(30代女性)

寄生虫の駆除とフィラリアの予防を同時に行えるのが便利です。これまでは駆除薬とフィラリア予防薬を別々に購入していたので、その分の出費が減って助かっています。(40代男性)

これまで与えていた錠剤タイプのフィラリア予防薬はすぐ吐き出すことも多かったのですが、ハートガードプラスはきちんと食べてくれます。手間がだいぶ省けたので助かりました!(20代女性)

ハートガードプラスを購入する

手軽に安く購入できる通販サイトが便利

通販サイトで購入するユーザー

Amazonや楽天市場などの通販サイトは、今や私たちの生活に欠かせないものになりました。スマホやPCからサイトにアクセスし、欲しい商品を選択。その後、注文に必要な情報を入力して確定させる。たったこれだけの作業を済ませるだけで、注文日の2~3日後には商品が届きます。

日用品や家電用品、CD、書籍などさまざまなジャンルの商品が充実しているため、もはや家を出ずとも必要な物を揃えられると言っても過言ではないでしょう。

そしてハートガードプラスも同じように、通販サイトを使って簡単に注文することができます

①大手通販サイトでは取り扱っていない

通販サイトで探している女性

とはいえ、「どの通販サイトでも購入できるのか?」というとそういうわけではありません。上記のようなAmazonや楽天市場は今や大手通販サイトとして知られていますが、残念ながらこれらのサイトではハートガードプラスを購入することができません。

「用法用量と副作用について」の項目でも説明したように、ハートガードプラスは要指示医薬品に指定されています。そのため、購入するには「獣医師による診断を受けていること」「処方箋を渡されていること」の両方を満たす必要があります

しかし、通院せずにネット注文するとなると、当然これらの条件を満たすことは不可能です。これらの条件を満たさずに要指示医薬品を購入することは違法行為に当たり、また販売した側も違法性が問われます。

このような理由から、いくら大手通販サイトであってもハートガードプラスを販売することができないのです。

②個人輸入代行サイトで購入可能

通販サイトで購入できたユーザー

医薬品をネット購入できるのは、「個人輸入代行サイト」といわれる通販サイトです。これは海外製の医薬品のみを取り扱う通販サイトであり、Amazonや楽天市場をはじめとするおなじみの通販サイトと同じ感覚で利用できます

具体的な注文の手順は以下のようになります。

  • 1)サイトにアクセスし、注文したい商品ページに移動する
  • 2)商品ページから購入フォームに移動し、注文個数を入力する
  • 3)情報入力画面に移動し、名前や連絡先、配送を希望する住所、カード番号など必要事項を入力する
  • 4)再度注文情報を確認し、不備がなければ注文を確定させる(訂正箇所がある場合は前ページに戻って修正する)

注文を確定させるまでの所要時間は、ネットショッピングに慣れている方なら10分とかからず済ますことができるでしょう。また、サイトの多くが個人情報を登録できるようになっているため、2回目以降の利用時は手順3)を省いて注文可能です。

③個人輸入代行サイトに違法性がない理由

個人輸入で購入するユーザー

個人輸入代行サイトを利用するにしても、獣医師による診断を受けられないことや処方箋を入手できないことに変わりありません。しかし、個人輸入代行サイトは合法的に医薬品のネット販売が認められています。その理由は、「海外製の医薬品のみを販売しているため」です。

そもそも「ハートガードプラスは要指示医薬品」というのは、日本国内における取り決めです。

海外諸国においてはそういった決まりがなく、現に海外のドラッグストアに市販薬としてハートガードプラスが置かれていることも少なくありません。

そのため、海外へ行けば手軽にハートガードプラスを購入できるでしょう。ただ、だからといってそのためだけに海外に行くわけにもいきません。そこで役立つのが個人輸入代行サイトです。

このサイトは海外製医薬品のみを取り扱っています。つまり、ここで購入できる医薬品はすべて、医師による診断を受けていなくても処方箋を持っていなくても購入可能な商品。合法的に購入することができます。

④個人輸入代行サイトを使うメリット

ハートガードプラスをネット購入する場合のメリットとして、以下のような点が挙げられます。

  • ・購入にかかる出費が少ない
  • ・24時間いつでも注文できる
  • ・欲しい医薬品を確実に注文・購入できる

いずれもありがたいポイントですが、特に嬉しいのが格安で医薬品を購入できる点ではないでしょうか。ハートガードプラスのようなフィラリア予防薬は定期的に投与する必要があるため、その分だけ購入する回数も多くなります。

動物病院で処方してもらうとなれば、処方代に加えて診察費や検査料などもかかります。人によっては交通費もかかるかもしれません。

その結果、総合的に見るとフィラリア予防にかかる出費はかなりの額になることが予想されます。

それに比べてネット注文すれば、かかる費用は薬価のみです。サイトによって販売価格は若干異なりますが、大型犬用なら平均して1錠600円前後で購入できます

大型犬用のカルドメックを処方してもらう場合、動物病院によって差はありますが、1錠あたり約700円の薬価に加えて処方料や検査料などもかかります

比べるまでもなく、個人輸入代行サイトで購入するほうが安いことがわかります。また、まとめ買いをすれば割引が適用され、さらにお得に購入できるのも見逃せないポイントです。

ハートガードプラスを購入する

個人輸入代行サイトに関する口コミ・評判

一人暮らしで犬を飼っているので、これまでは会社を休んで動物病院に行くことがほとんどでした。でも通販サイトを利用するようになってからは、朝の通勤時間や休憩時間、帰宅してくつろいでいる時間などにも気軽に注文できるようになり、とても助かっています。(30代男性)

ふだんからよくAmazonを利用していますが、それと同じように薬を注文できるので便利です。ただ、注文してから商品が届くまでに2週間くらいかかったのが少し気になりました。(30代女性)

1回の注文で複数個買えるのが便利だと思います。病院だと決まった数しか処方してもらえず、何回も通うのがしんどいこともあったので……。まとめ買いで安くなるのもありがたい特典です。(50代男性)

TOPへ